40種類以上

ローヤルゼリーと女王蜂の関係

ミツバチは、なんとか子孫を残そうと様々な方法を考えてたどり着いたのが、女王バチを作り出すという方法です。
ミツバチは、幼虫の時に、誰を女王バチにするかを決めます。
その後その幼虫には特別な食べ物が供給されることになります。

それがローヤルゼリーです。
若いメスのミツバチたちが頑張って体の中で液を分泌します。
自分たちが食べた花粉、樹液と体で分泌される液が混ざって完成したのが、ローヤルゼリーです。

女王バチが幼虫の時からこのローヤルゼリーを食べて育つわけです。
その結果どうなるかというと、毎日数千個の卵を産むことができるようになります。
しかも彼らは産み分けできます。

どれがオスでメスかがわかるのです。
加えて体長も普通のミツバチの2倍ほどになります。
それだけではありません。

なんと寿命が普通のミツバチの40倍にもなります。
そうです、女王バチにとってローヤルゼリーは必要不可欠な大切な食事です。
これにより栄養をたくさん取り入れることができ、他のミツバチのためにたくさんの子供を産むことができます。
ローヤルゼリーはミツバチの世界では子孫を残すために必要な大切な食べ物なのです。
これを少しお借りして私たちも液を得る事ができます。

このページの先頭へ