40種類以上

ローヤルゼリーってどんな製造方法なの?

ローヤルゼリーが私たちの手元に届く前にどんな製造過程を経るのでしょうか。
最初に挙げられるのが生です。
これは加工がされません。

ミツバチが女王バチのために作ったローヤルゼリーを採取したままの状態で販売します。
鮮度が抜群で中に含まれる栄養素も一番です。
しかし、保存方法が難しいのと、食べるたびに解凍するのが面倒くさいデメリットが存在しています。

次が乾燥タイプです。
生のローヤルゼリーを粉末状にしたものです。
これにより、何を防げるかというとあの独特の臭いを封じ込められます。

しかも栄養価もそう変わりません。
保存方法もそんなに手間がかかりません。
最後が調整されたものです。

栄養価は前の二つに比べるとぐっと下がりますが、他の栄養素が入っていたり、カプセルタイプになっていたりするので、抵抗なく飲めますし、続けるという面でもメリットがあります。
やはり、味がひっかかるとどれだけ体にいいものでも続けるのが難しいです。
また調整タイプhttp://xn--vckn1b7c7bo7bces8e1ee8302juqzc.com/tyousei.htmlのものはどれくらいローヤルゼリーが含まれているかもきちんと確認しなければなりません。
一応規定はあるので、それなりに含まれてはいますが、せっかく摂取するならローヤルゼリーが少しでも多いものを選ぶのが得策です。

このページの先頭へ